2
12月

Untitled

色々な理由で急にお金が必要なことはよくあること。

即日キャッシングできる金融会社のローンカードをいくつか持っておくと
いざというとき助かりますよね!

no comments

6
10月

多重債務者 おまとめローンで返済額を減らす

ここのところカードローンを利用する人が増えているそうです。

万が一まとまったお金が必要になったり予定外の出費に対応しなければならないという

場合にはとても助かるんです。

カードローンわ利用するためには申し込みが必要ですが、申し込みの手続きは

インターネットから行うことが出来るようになっています。

パソコンやスマホを使ってインターネットから行うことが出来るようになっています。

これはとても便利ですね。

便利であるという理由から借り入れを繰り返していると気付けば複数の借り入れが

できてしまうかもしれません。

複数の借り入れがあれば精神的な負担が大きくなってしまうことでしょう。

そこでおすすめなのが多重債務者 おまとめローンなんです。

複数の借り入れを1つにまとめることができるようになっています。

1つにまとめるとおまとめローンだけの金利になりますので、返済額は以前と

比べると減ると思うのです。

これなら精神的な負担が軽くなりますね。

ただ、おまとめローンを利用する前には内容をきちんと確認しておくことが

大切ですし返済に関する計画はきちんと立てておくべきでしょう。

 

no comments

26
9月

おまとめローンを使うことになった同僚

不景気のために、給料が滞納しがちだった時期があります。嫁さんからはヒステリックにわめかれたんですが、社長から頭を下げられたら強く言えませんでしたね。同僚たちも会社と家庭の板ばさみになり、本当に辛い日々が続きました。

今は給料もきちんと給料日にもらってはいますが、少し減給になっています。仕方ないんですよね、会社自体のピンチなんですから。社長や奥さんは無給で頑張っているし、社員たちは納得していたんですが・・嫁さんたちの圧がすごくて。まあ確かに、家計を預かる嫁さん方としては、会社や会社に言えない亭主たちを腹立たしく思う人もいるでしょう。

中には「嫁がいつの間にかクレジットカードで借金をしていてさ。にっちもさっちもいかないから、おまとめローンを申し込むことにしたんだ。嫁は泣くしこっちも何も言えなくて・・地獄だぜ」と言ってる同僚もいました。

とりあえず、おまとめローンの審査は受かったので何とかなるそうですが、同僚夫婦の気持ちを考えると悲惨ですよね。給料の遅れと減給・・。本当にうちの会社は大丈夫なんですかね?この歳じゃ転職も難しいし・・少し恐ろしくなってきました。

no comments

25
8月

インターネット社会がカードローンの即日振込みも可能にした

図書館の文庫本コーナーで、星新一著『できそこない博物館』を見つけ、久しぶりに借りてみた。

中学生に友人に貸してもらったのをきっかけに、学生時代にかけてよく読んでいたものだけど、このところしばらく読んでいなかったなぁ。

この本は、膨大な創作メモをピックアップし、それに著者自身が注釈を加えたもの。

すでに作品となったメモだけでなく、作品化していないメモも公開されていて、「このままでもショートショートになっちゃうんじゃないの?」と思えるようなものもたくさん。でも、著者自身の判断基準があるんでしょうね。作品として発表していないということは。

星新一といえば、具体的な固有名詞も出てこないし(「エヌ氏」「エフ氏」がよく登場)、地域や時代、社会環境に関係なく読める。だからこそ、何十年前のショートショートでも、つい最近書かれたもののように、全然古びていない。

1970年発表の『声の網』は、現在のコンピューター管理下におけるインターネット社会を予見しているかのよう。カードローンの即日振込みが可能になったのも、そのおかげだし。

『できそこない博物館』では、「SF的なことが現実になり、ニュースになると、以前に書いておいたメモが作品化しにくくなった。」と書いている。そこかな、星さんの判断基準は。

no comments

Back to top